ウスラデブ大百科

映画メインで諸々の感想を

「デッカード」はユニクロっぽいTシャツを着るか? 『ブレードランナー 2049』68点

宣伝の段階では全く期待していなかった。
ポスターがダサかったからだ(ハリソン・フォードが着てる服がユニクロにしかみえない)。

f:id:kiteretsu1984:20171105002926p:plain


ムツカシイことを言うのが好きな人は、「人間とは何なのか? レプリカントを通して問いかけている」とか言いそうだが、それは手塚治虫でじゅうぶんです。そういうことよりも、「これまで見たことがない映像」を期待して映画館に足を運んだのでした。

その意味でいうと、半ば期待外れだった。

まず、期待を上回った点から。

ものすごく良いと思ったのは、「デッカード」に会いに行って、一緒に酒を飲むあたりまでの画面。
オレンジ色っぽい画面が綺麗なのが素晴らしい。

ラスベガスの出し物(プレスリーやマドンナをリアルに再現する立体的なプロジェクター)が壊れてて、そこで殴り合う場面もよかった。
二人が交わす『宝島』トークも、なんかいい感じ。

あとはさまざまなガジェット。ウォリス社の社長の周りに浮いてる黒い石みたいなのとか、なんかワクワクした(でも、社長が耳の後ろにUSBみたいなの差し込んでるのは、なんかアナログでした)

 

期待外れだった点は以下のとおり。

レプリカントが子どもを産んで、その「奇跡」の謎を・・・とかいわれてもなー、なんかもうその時点で乗れなかった。
しかし、そもそも前作の『ブレードランナー』も、熱心なファン意外は微妙だと思っていたわけだから、前作並といったところか。
「ジョイ」という、ウォリス社が作った部屋の中だけの女の子が壊された怒りを、もっと爽快に晴らして欲しかった。

あと、「K」の上司の「ジョシ(ダジャレっぽいが)」がバカなのもどうか。「K」が「子どもは処分しました」って言ったらそのままアッサリ信じていた。いくらレプリカントが嘘をつかないとはいえ、普通は証拠を求めるやろ!あの上司は無能。ドヤ顔で酒を飲んで「K」にたいして思い出を語るように命令するところとか、ハラスメントやし。

もっと魅力的に描けたんじゃないかなと残念だったのは、ゴミ処理場になっているサンディエゴ。なんかどこかでみたことあるような荒廃感で、正直退屈だった。もっと変な武器とか、変な習慣・ルールを見せて欲しかった

 

ガラガラだろうと思って映画館に行ったら、意外と混んでいたのが驚き。話題性はあるからなあ。
右隣が女性二人組で、うち一人は明らかに映画が興味なさそうで、途中で携帯を触り出したので辛かった。
確かに、やや長いかなと思ったけれど、携帯は止めてくれ・・・

 

「K」にライアンゴズリングを配役したのが良かったと思う。「能面」って感じの彼の顔が役に合っていた。
「ラブ」という名前の敵キャラも良かった。
演出で気に入ったのは、記憶を遡って木馬をゲットするところ。
「K」が「デッカード」の子どもだと確信してしまった。うまく騙された~。