ウスラデブ大百科

映画メインで諸々の感想を

今年のがっかりNo1 『ダークタワー』16点

f:id:kiteretsu1984:20180206000041p:plain

スティーブン・キングは、読んだ作品こそ少ないけれど、尊敬する作家の一人だ。
40年くらい書き続けて、第一線を走り続けているというのは、凄いの一言につきる。
しかし、作品数にくらべると映画化は成功していないようだ。
そういえば、いつか観た『IT』も残念だった。
今回の『ダークタワー』は、読んでないけれど、文庫本でⅠ~Ⅲは持っている。まだ高校生だった頃、地元のブックオフで買った角川文庫版は、読んでないけれど、思い出の本だ(現在は新潮文庫から出ているとのこと)。
で、スティーブンキングの小説の良い点は、子どもっぽいともいえる妄想力とそれを具現化する筆力にあるが、今回の映画『ダークタワー』は、子どもっぽさが悪い方に出ていた。

最近、すでに評価が高い映画ばかり観ていたので、クソかもしれないが自分で発掘したいなと思い、観に行った僕が悪かったのだ。

 

特に前半はきつかった。世界の説明のための時間が長く、まじで寝かけた。
作り手も前半の間延びには気づいていたようで、興味を持続させるために、大人と子どものチープな追いかけっこや、子どもがモンスターに襲われる場面をつくっていた。しかし、そんなことろで主人公が死ぬわけはないわけで、馬鹿にしてんのか?と感じながら死んだ目で鑑賞。
子役の顔はビミョーだし、肝心のガンスリンガーも頭悪そう。この時点では、悪役マシュー・マコノヒーだけが希望として残っていた。
後半は、ガンスリンガーが現代のNYにやってくるので、そのあたりのギャップは楽しく、もっと観たかったが、脚本・監督が無能なので話はサクサクすすむ。
で、ラストの対決。ようやくマシュー・マコノヒーの本領発揮かと期待が高まる。ちなみに彼は幻術使いという設定で、「逝け」と手をかざすだけで人を殺せたりする。ラスボスのマコノヒーは、どんなバトルをみせてくれるのか!?

しかし、マシュー・マコノヒーの攻撃は、謎のカンフー的ポーズで割れたガラスやパイプを飛ばすだけ。
これまで散々、もっとすごい「幻術」を使ってきたのに、最後の最後でそれかよ。
で、マコノヒーを倒すガンスリンガーの攻撃もショボかった・・・
カタルシス・ゼロ。

マシュー・マコノヒー出演作に駄作なしの法則が、ついに崩れた瞬間であった。
おい、監督と脚本家!真剣に作ったらこんなことにならないはずだぞ!!真面目にやれ!!!
あとスティーブン・キング、もうカネは十分あるだろうから、映画化を認めない方がいいと思うぞまじで。
(これはテレビでプロスポーツを観て「下手くそ」と野次る一般人と同じレベルでして、僕は映画もとれないし脚本もかけないので、基本的にはこの駄作の関係者も尊敬しています。どうか笑って赦して下さい)