ウスラデブ大百科

映画メインで諸々の感想を

平成の終わりと村下孝蔵

天皇が変わって10連休との報道をみた。

現・皇太子が天皇になるタイミングで、是非とも村下孝蔵『初恋』を歌って、それをTVで放映してほしいと思う。

顔が似ているし、ぜひ全力でモノマネ弾き語りをしてほしい。僕にはよくわからない儀式よりも、村下孝蔵コスプレで歌った方が良いのでは?

ちなみに、村下孝蔵。この曲しか知らないけれど、「風に舞った花びらが水面を揺らすように 愛という字書いてみてはふるえてたあの頃」というバースが、僕はとても好きだ。これは筋金入りのリリシストにしか書けない。

かりに思いついても恥ずかしくて、とても歌えないと思う。プロはすごいなあとただただ敬服する。

「浅い夢だから 胸を離れない」

の逆説も、グッとくる。

www.youtube.com

 追記:全く知らなかったが、非常に若くで亡くなっておられるのだった・・・最近見ないはずである。残念だ。

木村拓哉は100点 それ以外は0点 『検察側の罪人』50点

ãæ¤å¯å´ã®ç½ªäººãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
木村拓哉を映画でみるのは初めてだったが、スクリーンがでかくてもカッコ良かった。
「かっこいい男」の代表として扱われるから、バカにされることもあるけれど、だからこそ、良い映画に恵まれてほしい。
しかし、今回はプロデューサー・監督・共演者に恵まれなかったようだ。残念というほかない。
あんなにかっこよくて、しかも今回は熱演しているのに・・・気の毒というほかない。

f:id:kiteretsu1984:20180913235725p:plain

そもそも、この原田眞人という監督。
近年は「大作」を撮っているようだが、観たいと思ったことがないので、観たことがないし、褒めてる人にもあったことがないので、この映画だけでしか評価できないが、ほんとうに「日本アカデミー賞」とかを取るような監督なのか??? かなり怪しいと思ったぞ。

 

駄作になった原因は、脚本での取捨選択ができなかった点にあるだろう。
はっきり不要な点は、
①二宮と吉高の恋愛シーン 
 バイクでの追跡場面あたりからバカさがエスカレートしていたが、キスシーンで二人とも完全なる「バカ」に脱皮した。二宮氏は背が低く童顔なので、迫力がない。役の幅は制限されるだろうな。吉高氏は、なんかものすごく評価が高いが、全然うまいとおもわないし、今回も場違い感がハンパない。
②政治家「タンノ」の妻のシーン:電話と葬式の場面
 現代日本の「右傾化」を戯画化を狙ったのだと思うが、映画の本筋とは全然関係ないのでは? 正義感があり、反戦思想も持っている人間が、個人的な復讐を果たす・・・というジレンマが全然かけてないし。それでも入れたいというなら、本を書いたらいいと思いますよ原田監督。本じゃなくても、SNSとかいろいろありますよ。
③二宮の最後のうめき場面
 キムタクは、「タンノ」が命がけで残した資料を二宮に見せ「日本に二度と戦争をさせないために、あいつは死んだんだ!」みたいなことをいうが、「いや、それをいま言われても・・・・」と思った。
インパールのくだり
 夢の場面はコントにしかみえない。

⑤キムタクの家族のシーン

 いいところにお住まいなんですね~。という感想しかない。娘役の若い女優。東宝シンデレラガールらしく、よくみるが、才能がなく、一ミリも光っていない。気の毒である。

 

さて、インパールに言及しながらの日本の右傾化を戯画化するというメッセージ自体には共感するが、映画のなかで「浮いている」。
インパール云々を強引に詰め込んだせいで、へっぽこで間抜けな映画に見えてしまう(とくに夢のシーン)。

エリートたちの葛藤を描くのは、岡本喜八の『日本の一番長い日』が代表的だと思うが、それを再映画化したのが同じ原田監督というのが、なんというか、ほんとうに日本の中堅どころの監督って人材がいないんだなあ。

悪口ばかり書いたが、キムタクの熱演は見所があり、基本的に彼が出ている場面は興味が持続した。

キムタク映画、またみたい。

キムタクを10歳くらい若返らせて、そこからミッション・インポッシブルみたいなシリーズを作ったらどんな映画になるだろうな・・・とか

沢田研二の『太陽を盗んだ男』みたいな映画を、キムタクで撮ってほしいな・・・とか

いろいろ妄想が膨らむので、結果的には映画をみてよかったのかもしれない。

散漫で浅いが、フィリップ・ロスの原作が読みたくなった 『アメリカン・バーニング』57点

ãã¢ã¡ãªã«ã³ãã¼ãã³ã°ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


ユアン・マクレガーが監督・主演を務めたという本作。

日本では劇場公開されなかったが、DVDで鑑賞できる。
この作品をなぜ知ったかというと、原作がフィリップ・ロスの『アメリカン・パストラル』ということでつながった。

しかし、なぜ映画の邦題を『アメリカン・バーニング』にしたのか。安易でダサい。


フィリップ・ロスの小説は、最近一作品が新潮文庫に入ったし、柴田元幸訳のハードカバーも新刊で買えるが、ほとんどは古書でしか入手できない。

フィリップ・ロスには大江健三郎と似ているところがあるので、以前から気になっているが、それを書けば映画からどんどん離れるので、ここでは「フィリップ・ロスを読む代わりにまずは手軽に原作として使われた映画を観ようと思ってググったら、『アメリカン・バーニング』に出会った」ということにして、映画の内容に入ろう。

舞台はニュージャージー州ニューアーク。語り手は60歳をこえた小説家である。若いときには寄りつかなかった同窓会に久しぶりに出席すると懐かしい顔と出会った。その同級生の兄(ユアン・マクレガーが演じる)は、田舎町のスターだった。父親の手袋工場は繁盛して金持ちで、スポーツ万能でハンサム。誰もが憧れるその男について、弟は「人生がめちゃくちゃになって、死んだ。自分は葬式のために戻ってきたのだが、タイミング良く同窓会があったので出席しているんだ」と聞かされる。語り手は当然おどろく。あの輝いていたお兄さんの、「人生がめちゃくちゃ」になるなんて・・・


そして、映画はそのお兄さんの人生の話になる。「ミス●●」の美しい女性と結婚し、一人娘を授かり、工場もうまくいっていた。吃音の娘について、カウンセラーに相談すると「完璧な父と母に対する緊張・あるいは抵抗として、吃音症状が出ているのかも」と指摘されるが、両親は当然それを信じようとしない。しかし、この言葉は、映画全体を貫く「予言」でもあった。さて、破局の予兆は成長した娘を通して現れる。高校生になった娘がベトナム反戦運動に没頭し、ラディカルな運動にのめり込んでいくのだ。
娘の運動は、とうとう、近所の郵便局を爆破して警察の捜査の対象となり、地下に潜伏するというところまでいく。ユアン・マクレガーは、姿を消した娘を探し続けるが、その妻はなんとか娘を忘れようとする。一時は精神のバランスを失うも、整形手術により過去を断ち切ることに成功した妻は、恋愛にも積極的になっていく。


いろいろあって、ユアン・マクレガーは娘に再会。娘はインドの宗教にのめり込み、「生命を奪わない生活」と称して、風呂にも入らず、口を布で覆っている。不思議なことに口を覆った状態で話せば、吃音が出ないという。このあたりの父と娘の会話がよくできていた。最後はユアン・マクレガーの葬式に、遅れてやってきた娘の後ろ姿で終わる。

 と、あらすじを書けば「面白そうじゃん」と思われるかもしれない。実際、面白そうな映画ではある。

 しかし、この映画は肝心なところがかけていないと思った。ユアン・マクレガー演じる「完璧な男」の問題がうまくかけていない。事実、60年代において、黒人労働者にも寛容で、黒人暴動の際の対応が市から表彰される「名士」であり、真面目な経営者でもある彼が、なぜ「めちゃくちゃ」になってしまうのか。厳格なユダヤ教徒である父の影響は? それが家庭に及ぼした影は?

 そのあたりの掘り下げ(あるいは監督としての理解の提示)が不十分であり、単なる「かわいそうな話」になっている。タイトルからして、この「完璧な男」と戦後アメリカを重ねるしかけになっているのだと思う(思わせぶりにアメリカ国旗が出てくる場面もある)が、どう重なるのか、よくわからない。


原作の翻訳はないから、たぶん読まないと思うが、映画は、どうも未消化な感じがぬぐえない。ユアン・マクレガーが「悲劇の主人公」を演じているだけに見えたのが残念だった。
 唯一よかったのは、『デトロイト・ビカムヒューマン』でKARAを演じていた女優(名前は知らない)の演技と、主人公の父親の毒舌である。

これを観れば他の日本映画がいかにクソかよくわかる 『カメラを止めるな』 90点

ãã«ã¡ã©ãæ­¢ãããªãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

2018年度最大の話題作ではないか。
現在はシネコンにも進出して、興行的に大成功。評論家・批評家の評判も高い。
半信半疑で観に行ったが、世間の評価に納得できた。
映画館が笑いの渦に包まれるという経験は、記憶している限りでは、人生二度目で、やはり笑い声がきこえてくる映画というのは良いものだ。万人がちゃんと笑えるというのは、ほんとうに難しい。吉本新喜劇に伝統的にみられる「チビ」「デブ」を笑う文化を否定するつもりはないけれど、本作のような「健康的」笑いは稀なだけに、新鮮だった。
監督やキャストの人たち、誰一人として知らない。観客の多くからすれば「無名」の人たちだ。それでも、これだけ面白い映画が作れるのだと証明したわけで、傍観者たる観客としてもうれしい。

 

そもそも、なぜこんなに日本映画がクソなのか。
それは「●●制作委員会」方式の映画作りにある。映画会社独自の企画が少なく、それで当たるのは東宝の若い人(君の名はとかのプロデューサーの人)くらいで、他のプロデューサーたちは何かの間違いで映画業界に入ったようなクズばかり。
ある程度プロモーションもできるし、観客を見込めるということで、映画会社はTV局や出版社からの企画に乗っかるかたちで、原作付きの安い恋愛・青春・コメディ映画を量産することになる。結果、バカが作ってバカが観に行くという負のスパイラルから抜け出せない。才能と野心のある人は海外に出て行くべきで、もう日本の映画会社は配給だけやっとけばいいと思います。

さて、この作品は、映画を撮ること自体が映画になっている。
小説でも、語り手が小説を書く小説は面白い。このあいだ読んだドナルド・E・ウェストレイクの『さらば、シェヘラザード』がまさにそういう小説だった。こういう仕掛けが好きな人は多いと思うが、個人な嗜好をこえて、「書くって何なんだろう」と考える契機が詰まっているのも良い。


『カメラを止めるな』も同じ。
大前提として、映画を撮るという行為、それに関わる人々への愛情があり、その上にドラマが展開している。ある意味では、『男はつらいよ』的な安心感があるのだ。

みんな褒めまくっているし、実際素晴らしい映画だったが、伏線部分が長くて退屈だったのは否めない。もちろん、そこでの違和感が次々と回収されていく後半の快感のためには、必要な長さだったのかもしれないけれど。

こういう映画をもっとみたい 『レディ・バード』 91点

ãã¬ãã£ã»ãã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
ごくたまに、「タイムマシンがあれば、自分の父親や母親が若い頃に戻って、両親がそれぞれ初めて車に乗ったり、お酒を飲んだりしている、その瞬間を見てみたい」と思うのだが、映画の最後の場面で、いつもより強くそう思った。
初めて免許を取った主人公と、現在の母親が重なる場面だ。
青春物語としてレベルが高いと思って見ていただけに、親の気持ちも上手に掘り下げるラスト10分くらいが意外な喜びだった。

カリフォルニア州サクラメントにあるカトリック系の高校に通う17歳の主人公が「レディ・バード」。
クリスティーンという本名だが、「レディ・バード」を自称して、周囲にもそう呼ぶようにアピールする。
そんな彼女の、いわゆる「イタい」思春期を丁寧に追うところに、この映画の特徴がある。
最後、NYからの電話で、彼女はもう「レディ・バード」を自称しない、そこに彼女の成長がわかりやすく刻印されていた。
細々とした日常生活の描写が素晴らしく、同じく田舎生まれの自分にも思い当たるところがあった。
そうした「イタさ」はいろんな人が指摘してるだろうから、ここでは別の視点からこの映画を称えておきたい。


それは、「レディ・バード」の家族だ。

レディ・バード」の家には、両親と兄とその恋人、そして彼女の五人が住んでいる。
兄はアジア系で、両親とは顔立ちがまるで違うから、おそらくは養子なのだろうと思う(そのあたりをいちいち説明しないのがよい)。
映画の最後、母親が破り捨てた書きかけの手紙を、NYのレディ・バードが読む場面がある。
手紙には「もう妊娠を諦めていたときにあなたを身ごもって・・・」という一節があった。
なるほど、そういう経緯があり、両親は養子をとったのかな、と推測した。
その兄だけでなく、兄の彼女(彼女の背景も、多くは語られないが、親に捨てられたとつぶやいていた)をも、家に住ませてあげている。
思春期の「イタさ」を緻密に描くためには、それを受け止める家族をしっかりと描く必要があるのだな、と感心した。

 

ちなみに、最初の方で、車の中で『怒りの葡萄』の朗読テープを聴いている場面があった。母親が感動していたのはわかるが、助手席の娘も泣いていた。あれは朗読内容に感動して泣いていたのだろうか。それなら、よい親子だし、通じ合う感性を持っているということが、見事に表現できていると思う。

詩の「たとえば」について:鮎川信夫から米米CLUBまで

米米CLUBの代表曲の一つに「君がいるだけで」(1992)という曲がある。
ご存知のように、この曲は以下のように始まる。

たとえば
君がいるだけで
心が強くなれること

イマイチ意味がわからない歌詞だが、石井氏の声も良いため、とても耳に残る。さらに「たとえば」で始まる歌いだしに意表を突かれて、忘れられない歌詞になっている。
もう一つ例を出すなら、1994年に放映されたテレビドラマのタイトル、「人間・失格:たとえばぼくが死んだら」。
キンキキッズが出ていた記憶も色濃いが、それよりも副題の「たとえば」が耳と目に残っていた。
散文ではない、歌詞やタイトルにおける「たとえば」が、なんとなく気になっていたのだろう。探す気はないけれど、歌詞やタイトルで「たとえば」に出会えば立ち止まるくせがついた。
そういえば、いま芋づる式に思い出したが、映画『NANA』の主題歌の一つ「ENDLESS STORY」では「たとえば 誰かのためじゃなくあなたのために 歌いたいこの歌を」とあった。
「たとえば」と言いながら、実はそのあとに本心を隠している。本心といっても、J-POP的な常套句が多いけれど、それでも歌詞のなかでは一応の「本心」として機能しているように思う。で、そのギャップに、読み手・聴き手はハッとするのだろう(ちなみに、「グッとくる」の「グッ」はgoodなんだろうか? 田原俊彦氏の意見をきいてみたい)。

そこで鮎川信夫である。

まずは引用。

たとえば霧や
あらゆる階段の跫音のなかから、
遺言執行人が、ぼんやりと姿を現す。
——これがすべての始まりである。

「死んだ男」という作品の冒頭の四行だ
何年に作られたのかよくわからないが、ネットでは1947年に発表されたそうだ。
戦争からかえってきたが、親しい友人のMは戦死しており、もういない。そこから再出発しなければならない「ぼく」が、死んだMに語り掛ける。そういう詩だ。
この詩に、米米キンキキッズよりも長時間立ち止まった理由は、「たとえば」のあとが曖昧だからだった。
「たとえば」のあとに続くのは、「霧」or「あらゆる階段の跫音」である。
詩情のない人間は「二つ挙げろ」と言われたら、たいてい同じ「引き出し」から出してしまう。
試しにやってみると、パッと浮かんだのは「リンゴ」と「みかん」だった。同じ「果物」の「引き出し」に入っていたから出てきたのだろう。
奇をてらって、あるいは、考えに考えて、違う「引き出し」からそれぞれ違う単語を出すことに成功したとしても、二つ目を「跫音」で止めてしまうのではないか。そこで鮎川は「あらゆる階段の跫音」と来る。
「たとえば」の割には妙に具体的な気がするけれど、考えてみれば「階段の跫音」なのだから、特に具体的なわけではないと気付く。そのあたりで、「あ、この詩はちゃんと読まねばならない!」と座りなおすことになるのだった。

「たとえば」で詩を始めた最初の人は、いったいだれなのか、とても気になる。ひとつ再確認できたのは、現代詩のテクニックをうまく薄めた例が、マスメディアの言葉には多いということ。

で、そもそも何が言いたかったのかは、忘れた。

志の低さ、今年ワースト1。バカが何人出てくるか数えながら観ると良い。『オーシャンズ8』21点

ããªã¼ã·ã£ã³ãºï¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

『カメラをとめるな!』を観に行ったが、予想外に混んでいた。すごいなあ。
でも、映画を観るつもりだったから、まあ気分転換に・・・という軽い気持ちで、時間が近かった『オーシャンズ8』を鑑賞。

 

シリーズは「11」しかみていないが、まあ今回も難攻不落のセキュリティをかいくぐるといういつものアレだ。

今作では、主人公(「11」のジョージクルーニーの妹)が刑務所で5年と数か月かけた計画ということだが、この計画がずさん過ぎて笑う気にもなれない。突っ込んでも仕方がないので、いかにバカな計画かは、観てのお楽しみということにしておこう。バカな犯罪集団とバカな警備会社とバカな製作者の三つ巴はある意味で壮観で、それが本作の最大の見せ場になっている。

 

面白くない原因は何なのか? それは脚本段階での「標的」の選択ミスだ。

こういう物語は「悪い奴らが標的になる」「悪者から盗る」というのが面白いのに、今回の標的はカルティエの宝石。宝石自体は単に高価というだけで、主人公たちと何の関係もない。したがって、主人公たちの「盗みの動機」が限りなく弱くなってしまった。
結局金目当ての余暇的な窃盗になってしまっていて、展開に緊張が生まれないのだ。
そうなると、(シリーズの特性上、盗みが成功するのは当然なわけだから)、「お約束」の演出で緊張感を出す必要がある。
「ああ、ばれそう!・・・でも大丈夫」
「危ない!!・・・でも大丈夫」
という展開が、脚本・演出の腕の見せ所なわけだ。
しかし、本作はそれも下手。脚本・演出がクズすぎて、いかに有名キャストをそろえても、挽回できなかった。いまどき学生でももう少し上手に撮るのではないか。下手すぎて、監督・脚本家の名前を調べる気にもなれない。

物語の最後のほうで、保険調査員が出てきて事件の捜査に乗り出す。
主人公たちは、追及をいかにかいくぐるのか・・・?
あ、面白くなりそう! そう思って座りなおしたが、調査員のくだりはアッサリ終わるのだった。
「面白そうなところは短く、ツマラナイところは長く」というのが監督の方針らしい。すがすがしいまでの駄作である。

カメオ出演も寒い。
そもそも、コメディ映画以外でのカメオ出演は好きじゃなくて、「フィクションで勝負しろよな」と言いたい気持ちになるが、本作のカメオは、なんというか「しょぼい」のだ。
テニスのシャラポワとかウィリアムズ、ラッパーのコモン、とかが「大物」レベルで出ている。
もちろん大物なんだろうけど、それならスタローンとか、アガる人を出せよと言いたい。


キャスティングについても悪口が言いたくなってきたぞ。
主演のサンドラ・ブロックはアップに耐えられない顔面だし、ケイト・ブランシェットは良いところが全然出ていない(8人のなかで一番何もしていないから出る必要もない)。
PCに配慮したような「多用な出自の女性たち」という構成は、それはそれでよいが、その構成が作劇と有機的に結びつくべきであって、そうでない場合はただの「配慮」にしか見えない。
あとアン・ハサウェイ、いつまでバカっぽい役をやっているのか。
「キュート」で売るのは、もういいかげんキツいって誰かいってやれ。

エンドロールには、「全員バカ」とだけ書くべき。

 

と、これだけストレス発散できたわけだから、映画ってほんっっっとうに、いいものですね。

 

山本昭宏拝